2005年08月02日

IE7のAcid2テスト

次期WindowsであるVistaに搭載されるであろうInternetExplorer7(以下IE7)がAcid2というテストに受からない可能性が高いというお話があります

"IE 7、標準サポートに遅れ--「Acid2」テストの合格困難に"

説明するまでもないって言う人がいると思いますが一応書いておくと、普段見ているホームページというやつはHTMLっていう結構面倒くさいもので書くように定められてます
それでそのHTMLをInternetExplorerとかFirefoxとかいうブラウザって呼ばれるプログラムが普段見ている形にしてくれてるのですが、もともと標準が定まっていたこのHTMLに一部のブラウザが勝手に仕様を追加してめちゃめちゃになってます
おかげでWebページを作る人はInternetExplorerで正常に見れるようになってもほかのブラウザでは表示が崩れたりするようなことがかなり頻繁に起こっています
そこでW3Cという団体がHTMLなどの規格を決め、それに対応していることを客観的に定義する目安となるように別の団体がAcid2テストという形で出しています
このAcid2テストにはWebページの製作にかかわるさまざまな規格に関する内容が含まれており、これに受かることはHTMLを正しく表示できるブラウザとして大変評価されうることだと思います
以前のOfficeファイルフォーマットの件みたいですが、そもそも規格が完全にオープンなものだったのにこんな風に表示の乱れが発生するのはおかしいことのはずです
特にIEは独自拡張も多く、新しい規格にもなかなか正式対応せず、さらにHTMLの解釈も他のブラウザと異なって一人路線を突っ走ってる感じがします
今までそんな状態だったIEが短期間でAcid2テストに合格できないのも無理ないです
Acid2テストって言うのはとても難しく、IEだけでなくMozilla系ブラウザ、Operaもクリアできてない状況です
興味ない人も多いと思いますが、Acid2テストがブラウザの能力を図る上で大きな秤になればいいなぁと思ってます
posted by ねむお at 11:40 | Comment(0) | TrackBack(5) | 未分類 | banner_01.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。