2005年08月15日

iPodの申請した特許をMicrosoftが持ってたとか

"iPod関連の特許をめぐり、マイクロソフトとアップルが衝突"
 米特許庁の審査官は先月、iPodのユーザーインタフェースの一部について、Appleからの特許申請を却下する判断を下した。同審査官は、 MicrosoftのJohn Plattという開発者が、同様の請求をAppleより5カ月早く申請していることを却下の理由として挙げた。

特許関連は難しくてよくわかんないんですが、すでに販売数が200万台を突破したiPodにMicrosoftの特許が認められてしまうと、AppleはMicrosoftに膨大な金額を支払わないといけない羽目になります
なのでAppleはMicrosoftにお金を払ってライセンスをもらうようなことはせず、自社の特許が認められる方法を試していくようです
アメリカの特許は申請したほうではなく先に開発したほうに認められるので、Appleが先に考案したものだと証明できればMicrosoftの特許を無効にすることだってできるみたいです
もっともアメリカでの特許に関する訴訟でいざこざがあったとき、いつも証明するのにもっとも難関として立ちはだかるのがこの点なので、長い争いになりそうです
特許に関してはWikipedia特許に関する記述がかなり詳しいので参考にしてください

関連ページ:
iPod nano紹介ページ
iPodのUIに影響する特許をクリエイティブが取得
ついに新型iPod「Rokr」と「nano」登場!詳細を書きました!
iPod nanoが届きましたのでレビューっぽく使ってみる
posted by ねむお at 12:57 | Comment(1) | TrackBack(5) | 未分類 | banner_01.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。