2006年03月03日

MozillaJapanセミナーで出たFirefoxの開発予定

「Mozilla Japan 第2回セミナー」というイベントにて、Firefoxの今後のバージョンがどのような点を重視して開発されていくのか明らかになりました。

2007年登場のFirefox 3は大きく変わる、モジラ社幹部語るでは、すでにFirefox3での機能について言及されています。
現在のバージョンが1.5で、それまでには高速化や自動アップデートという機能が盛り込まれてきました。
2.0になる段階では大きな内部チューニングは行わず、外観のみの変更となっています。
そして3.0になったとき、GPUを用いたレンダリングが実装されるようです。

3.0がリリースされるころにはWindowsVistaも姿を現し、その新しいインターフェースとなるAeroUIの要求するスペックの高さゆえにGPUの存在価値がよりいっそう高くなっているはずです。

Firefox自体が対応するスクリプトもJavaScript2だけでなく、PythonやRubyといったレベルの高い言語も利用できるようになるということで、拡張機能のようなJavaScriptとXMLで作られていたものがさらに複雑にできるようになると思います。

なお、SlashDotではこのセミナーで述べられた日本でのFirefoxのシェアの低さに言及しています。
なぜFirefoxは日本では普及しないのか
ここでいわれているように、ヨーロッパはオープンソースに対して積極的といいますか、Microsoftに対して否定的です。
WindowsRが販売されるのもヨーロッパ諸地域に限定されていますし、つい最近もEUとMicrosoftの衝突があったばかりです。

日本では雑誌での紹介などにより、SleipnirのようなIEコンポブラウザがとても人気があります。
とくにSleipnirは法人化するほど勢いがあり、各種プラグインや、拡張機能なしでのRSSリーダーやマウスジェスチャを内蔵しています。
Firefoxは拡張機能の導入を各自でやる必要がありますが、この点も乗り換えの面倒さを感じさせてしまうのではないでしょうか?
posted by ねむお at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(2) | 未分類 | banner_01.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


Firefox 3は新レンダリングエンジンを搭載
Excerpt: URLの折り返しの件、直るかなぁ(^^;...
Weblog: President's Blog
Tracked: 2006-03-03 22:26

Firefox3は新レンダリングエンジンを搭載
Excerpt: FirefoxのロードマップによるとFirefox2を2006年第3四半期中に発表。Firefox3を2007年上半期中に発表するとしている。また、Thuderbird2は第4四半期に発表予定だという..
Weblog: アスのBlog
Tracked: 2006-03-03 23:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。