2006年03月05日

iPodの登録情報が身元割り出しに貢献へ

iPodは初めて利用する際、インターネットを通じて登録作業をします。
その際の情報を使って、意識がない人の身元を割り出すことがあったようです。

Unconscious jogger identified through iPodによると、この人はジョギングしている際、殴打されて(7日日本語版記事によると、「ひき逃げ」と翻訳するようです)され路上に放置され、意識がない状態だったようです。

その際、持っていたものがiPodだけだったらしく、それを警察が取得し、Appleにシリアルナンバーの照会を行って登録情報から身元を引き出したらしいです。

記事を書いた人は自分のiPodからそういった情報が引き出されるのに肯定的ではないのですが、コメントではいくつかの意見が出ているようです。
posted by ねむお at 11:31 | Comment(0) | TrackBack(1) | 未分類 | banner_01.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


「iPod」で、ひき逃げ被害者の身元判明:)
Excerpt: 米国で、ジョギング中にひき逃げ事故にあい意識不明の女性の身元を「iPod」を手がかりに身元を割り出すことができたと、CNET Japan が伝えています。 なにも「iPod」に限った話ではないと..
Weblog: Blog!NOBON
Tracked: 2006-03-07 15:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。