2006年03月28日

MicrosoftがOpenDocumentの重要な委員に参加

Technical Committee V1という委員に、Microsoftの社員が参加を申請しています。

Cnetでのタイトルは「マイクロソフト、「OpenDocument Format」の推進委員会に参加」となっているため、てっきりOpenDocument Fellowshipのような利用推進団体に参加したのかと思ってしまったのですが、やはり違ったようです。

この委員会は、OpenDocumentを国際標準であるISOにするうえで重要な過程となる委員となっています。
このマイクロソフト社員の参加により、OpenDocumentがISO標準として策定されるのが妨害されるのではないかという話が出ています。

これに対し、Microsoftは「INCITS/V1に参加したからといって、ODF仕様の承認プロセスに影響を与えられるわけではない」と発言しており、OpenDocument Formatに対して記事中で言われているようなことをするつもりは無いようです。
逆に、Microsoft側が推し進めている「Office Open XML」のISO化に関する委員は「JTC1 SC 34」となっています。
マイクロソフトが参加しようとしているのは「INCITS/V1」という別の委員会なので、委員会に参加することによりOffice Open XMLの推進に会社から力をかけるということもできないようです。
posted by ねむお at 16:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | banner_01.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。