2006年03月30日

検索エンジンがする検索UIの変更

検索エンジンの改良でしのぎを削っているGoogleとMicrosoftですが、ともに検索に利用するインターフェースの改良に取り組んでいるようです。

グーグルおよびマイクロソフト、検索インターフェースの変更を検討中では、Googleが行っている改良についての情報を少しだけ見ることができます。

Microsoftが現在Liveという名称をつけて展開してるサービスの中には、検索サービスのWindows Live Searchがあります。
これはベータ版としてスクロールだけでページの切り替えが必要の無い検索インターフェースを提供しており、Windows Live Searchのベータ版が公開へでも少し見たことがあります。

GoogleがMicrosoftのこうした動きに対して同じようにインターフェースを違うものに変更してくることは十分ありえることです。
Google Mapsの登場でAJAXを用いたインターフェースを世の中に公開したあと、最近では株の情報も同様にドラッグができるインターフェースを利用して取得できるようなサービスを公開しています。
インターフェースを変えれば、主な収入源となっている広告の配置にも微妙な変更が加えられる可能性もあります。
先ほどのWindows Live Searchでは、スクロール量に応じて広告も切り替わるようになっています。
posted by ねむお at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | banner_01.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。