2006年07月06日

次期Office 2007でOpenDocumentが利用可能へ

次のバージョンで新しいXMLベースのファイルフォーマットが利用できるOffice 2007をテスト中のMicrosoftですが、とうとうOpenDocumentへ対応できるツールをリリースするように動き出しました。

Cnet Japan: MS、Office文書をODFに変換するオープンソースプロジェクトへ出資
Cnet 原文: Microsoft bends on OpenDocument
ITmedia: MS、OfficeでOpenDocumentをサポート

すでにα版のようなものが公開されているSourceForge.netは、サクラエディタMedia Player ClassicAzureusなどの多くのオープンソースソフトウェアの公開、開発をサポートしているサイトです。
このアドインはライセンスがBSDで提供され、コードも公開されています。
開発はMicrosoftのみで行うのではなく外部の人たちも入ってくるため、MicrosoftがOffice Updateなどでこのアドインを提供することはないかもしれません。

ODF Add-in for Word 2007という名前からもわかるとおり、アドインとして公開されています。
もちろん無料で提供されますが、アドインの形式だとインストール直後のOfficeからではアドインをインストールしないとOpenDocumentが使えません。

すでに開発者も12人という表示になっているので、C#が使える人がプロジェクトに参入するに従って多くの改良が加えられるようになるでしょう。
posted by ねむお at 17:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | 未分類 | banner_01.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


とりあえずこういう形で、Microsoftの「OpenDocument Format(ODF)」対応
Excerpt: MS、Office文書をODFに変換するオープンソースプロジェクトへ出資 - CNET Japan Microsoftは、Office文書を「OpenDocument Format(ODF)」に変換..
Weblog: ランチタイムにIT時評
Tracked: 2006-07-28 00:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。