2006年07月19日

Google パーソナライズド ホームページを便利に使う

自分がよく見ているRSSフィードやコンテンツを追加できるGoogleパーソナライズドホームページ(Google Personalized Homepage)は便利なように見えて、意外とコンテンツが少ないです。
日本語では天気やAll Aboutやニュースが見れるようになっていますが、どうしても文字主体の表示で見る気が失せてしまいます。

070719google.jpg英語では日本語のものより追加できるコンテンツが豊富に用意されており、便利なツールもいくつかあります。この記事ではそれらを利用する方法を紹介します。

特にGoogle Calendarを追加するとすぐに予定の確認などができて便利なのでお勧めします。

まず、Google パーソナライズド ホームを利用するためのアカウントを持っていない人は取得してください。持ってる人はログインします。
どちらの場合も右上のログインをクリックすれば必要なページが表示されます。

ログインしたら、Google右上のリンクからパーソナライズドホームページを表示します。左上の「コンテンツを追加」でいくつか試してみるとわかるのですが、天気も文字が主体となって表示されています。これにグラフィカルなコンテンツや、普通では利用できないコンテンツを追加します。

まず、「表示設定」から英語をクリックします。
適用すると英語版のパーソナライズドホームページになります。
ここでAdd Contentをクリックすると、いろいろなコンテンツがあります。
主なものとして、Google CalendarTo Do、グラフィカルな天気時計メモ電卓などがあります。
追加するボタンを押すと、時折警告が表示される場合があります。
Googleもコンテンツを提供していますが、多くのGoogleが提供していないコンテンツもあります。そのため、そのようなコンテンツが追加されようとした場合、念のために注意が表示されるようになっています。

必要なコンテンツを追加したあとは戻り、コンテンツが表示されていることを確認します。

このままでも利用できるのですが、やはり英語と日本語のサイトを両方見るような人だと検索の際に障害が発生します。
また、英語の場合「乗り換え 東京 新宿」などとして乗り換え案内が利用できるようなローカルな機能が使えません。
そのため、再び表示設定を行います。
Preferences」から「Japanese」に切り替えてください。
日本語になっても追加したコンテンツはそのままであることが確認できます。

ここでもしGoogle Calendarを追加していた場合、人によっては問題が発生します。
本来ならカレンダーで予定を入れてる部分が太字になっていて予定が確認できるのですが、どこも太字になっていないただのカレンダーになっていることがあります。
その場合、 google.co.jp/ig ではなく、 google.com/ig にアクセスします。先ほどの言語設定を行っていれば、日本語の表示のままで利用できるはずです。
posted by ねむお at 19:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | banner_01.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。