2005年07月17日

癌治療解析のボランティア

何とびっくり、僕のような一般Peopleでも癌に効く分子とかを解析して世界に役立つことができるんです
・・・別に頭がおかしくなったようにみえますんで説明します
今日UDっていうソフトについて知りました
CPUのあまったパワーを使ってタンパク質の解析をやらせて、がん治療に役立ててくれるというソフトらしいです
世界中の人々が参加しており、日本のチームTeam2chが世界1位の解析量を誇っているとのこと
強ぇよ日本て感じ
英語なんてよく使い方わかんねーって感じなんですが、とても親切に解説しているサイトがあって参考にしみたらうまく動いてるんです、たぶん。
動かしてる画面載せるけど、なんかすごいことやってる気分になっちゃいます
世界征服夢じゃないみたいな
だからみんな参加しようって言いたいわけですが僕が書くととんでもなく適当になってますね
ud.jpg画面はこんなんです
ね?かっこいいですよね?見てるだけでやりたくなってきますよね?
なんかこれ使ってるとほかの作業が遅くなるかって心配する人がいるんですが、このプログラムはほかの作業をまったくといっていいほど邪魔しないように設計されています
なにかがCPUを100%使い切ってるときには、UDはおとなしく引っ込んでUDのCPU使用率が0%になります
たまに解析結果の小さなファイルをサーバーに転送してるぐらいです
作業してなくて無駄にしてるかもしれないパソコンを使っている時間、みんなで有効に使ってみませんか?
posted by ねむお at 21:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | banner_01.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。