2007年09月14日

WindowsUpdateが利用者への通知無しでアップグレード

マイクロソフト、Windows Updateのステルスアップデートで説明によれば、Windowsの自動更新に関連するファイルが、利用者に通知されることが無く勝手に新しいバージョンへ更新されているようです。

通常、自動更新では更新内容が表示され、ユーザーがそれを導入するかどうか選ぶことができます。ところが、今回問題になっているファイルは、更新作業を進めるためのソフトウェアが自分自身をアップグレードするというもので、その際には全く通知が行われること無く作業が完了します。
記事中ではこのことを「ステルスアップグレード」と呼んでいます。
問題をブログに書いたZDnetの記者は「ユーザーが自動的に更新をインストールするよう選択している場合、Microsoftはそれを守るべきだ。もしできなくても通知ぐらいしてくれ」という趣旨のことを書いています。
それに対して、Microsoftは「ユーザーに最新の更新を提供するために、WindowsUpdateも更新される必要がある」とステルスに関しては言及しない回答を行いました。

自分のPCの動作に関連するファイルに無断で変更が加えられていることにたいして反発している人は多いようです。
posted by ねむお at 19:47 | Comment(0) | TrackBack(1) | Microsoft | banner_01.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/55350465

ステルスアップデートなんて言ってるけど、それマルウェアだよ!
Excerpt: パソコンのセキュリティを高めて、安全に使えるようにする行為なのはわ…
Weblog: 厳選!今日のITニュース
Tracked: 2007-09-18 12:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。