2005年09月27日

MSNがはじめる新しい広告AdCenter

Microsoftの運営するポータルサイトMSNで、Googleがやってる広告サービスであるAdWordsと競合する新しい広告サービスが始まっています

"MSN、グーグルのAdWordsに対抗--独自の広告システムを明らかに"によれば、この新しい広告は、広告主が「ターゲットにする顧客を地域別、性別、そして年齢別に取捨選択したり、日時を限定して広告を表示させることも可能」らしいです

GoogleのAdWordsも広告キーワードによりユーザーの希望と関連性の高い広告を表示させることが出来ますが、このAdCenterならもっと細かい需要に沿ったユーザーをサイトに誘導できるようになります
今のところAdWordsで指定できるのは、対象とする国とキーワード、それに予算の3つの点だけです
キーワードにより、広告主の事業により関心を持った質の高い人が誘導できるようになってるんですが、MSNのAdCenterなら性別や年齢まで絞れるため、かなりニーズに沿ったものが提供できると思われます

AdWordsにも掲載できるサイトの数という利点があります
AdCenterはMSNの関連サービスの中でのみ広告が表示されるとおもうのですが、AdWordsの広告はAdSenseというサービスにより、Google内のみならず世界中のさまざまなサイトに広告を表示させることが出来ます
もちろんその表示させたサイトが広告の内容とマッチしていればより多くのユーザーを誘導できます

最近はこのようなサイトの内容と一致した広告を配信するサービスをYahoo!がはじめているので、MSNも個人のWebページに広告を貼り付けてもらえるサービスを展開するかもしれません

いずれにしろ、いまGoogle、MSN、Yahoo!が検索でしのぎを削っており、その検索の収入はほとんど広告によってまかなわれています
検索と広告を強化することはそのまま収益につながるため、この広告関連サービスもより充実してくることが予想されます
posted by ねむお at 19:42 | Comment(0) | TrackBack(1) | 未分類 | banner_01.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/7388785

MSN、グーグルのAdWordsに対抗-独自の広告システムを明らかに
Excerpt: MSN、グーグルのAdWordsに対抗-独自の広告システムを明らかに-CNET Japan マイクロソフト、独自の広告販売システムを公開へ-米紙報道-CNET Japan マイクロソフトが、G..
Weblog: CSS Lab. | 2nose.com
Tracked: 2005-09-28 10:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。