2005年11月24日

Xbox 360発売で得するユーザーと損するMicrosoft

アメリカでXbox 360が発売されました
PS3のようなライバルがまだ出てない中でクリスマスに間に合った出荷が出来たのは先手を打ったといっていいと思います
そのXbox 360の発売にあたり、入手したXboxをeBayに出品して販売価格より高い値段で売るユーザーが現れる一方、店頭での販売価格はMicrosoftが赤字で提示している価格だという記事があったので両方まとめて紹介しておきます

ユーザーが入手したXboxをオークションに出してしまってるという記事は、Xbox 360のオークションでイーベイが大騒ぎにで読むことが出来ます

この記事どおりに考えると、うまくXbox360を入手したユーザーはそれをeBayのオークションに出すことにより、数万円の利潤を得ています
こういうのは日本でもあって、転売という形でヤフオクにものがあふれています
たとえば、秋葉原の電気街で時々やってるタイムセールなんかでの特売品や、DellのWebサイトにクーポンコードを入手して限られた期間で購入できる割安のコンピューターなどはよく出回ってるように思います

Microsoftが認めたとおり、Xbox 360の生産ペースは追いついていないようですが、転売できるとなるともともと店で売られているときの価格設定も魅力のあるものだったのでしょうか?
実際に別の企業がMicrosoftのXbox 360の原価を調べてみたという記事もあります

このITmediaの「赤字価格」のXbox 360、原価はいくら?を参照すると、市場での399ドルという価格に対し、原価が552.27ドルと細かい推定がなされています

どうしてこんな大きな赤字で出してしまうのかっていう考えが真っ先に出ますが、考えてみるといろいろ理由はありそうです

まずXbox 360の発売時期は、PS3やRevolutionといった次世代ゲーム機の発売時期とかなり近い時期に位置しています
当然、価格をはじめとした比較が為されるわけで、まだ進出があまり進んでいないゲーム市場で大きなポジションを得たいマイクロソフトとしては踏ん張っておきたいというのがあったように思います
うまく踏みとどまって販売台数が伸びると、コントローラーのような関連製品がサードパーティから出されます
Xbox 360ではこういった製品に課金することが発表されているので、関連製品が増えればそこからの収益も増え続けます
さらに、Xbox 360にはXbox Liveというプログラムがあります
ブロードバンドのネットワーク越しにコミュニティやゲームにアクセスできるのですが、有料会員のGoldからも会員費が得られる上、無料サービスでもネットワークを使ってる限り、MSNのような無料サービスから収益を得る方法を模索できる機会を得られそうです

ただ、赤字とされている金額の幅が大きいだけに、MicrosoftがこのXbox 360に託しているものが大きいんだなという率直な感想があります
posted by ねむお at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(2) | 未分類 | banner_01.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/9763877

Xbox で、あはははは
Excerpt: あはははは。何がしたいネン!つか、みんなたくましいな(笑)面白い記事だ。書き方が上手い。翻訳が上手いというか。ソースは、CNET Japan さん。記事タイトル曰、 Xbox 360のオークションでイ..
Weblog: P.C.AZ.
Tracked: 2005-11-30 12:33

Xbox360発売来たー〜〜!ソフトも
Excerpt: Xbox360関係のトラックバックをお寄せください
Weblog: アンケートモニター&リードメール三昧
Tracked: 2005-12-10 13:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。